診療時間

9:00~12:00 ×
14:00~18:00 手術○ *××

*〇は院長の診察です。◎は宇野友絵 医師の診察です。
 毎週水曜日の午前中は、院長はNTT東日本札幌病院で診察をおこなうため不在となります。

*木曜日の午後は18:30までとなります。

*予約優先制です。 【予約が無くても受診できます】

初めて受診される方 → 電話またはインターネットにて予約可能です。
 ※ 電話は前日まで、インターネットは当日AM8時までとなります。ご変更・キャンセルの際は電話にて承ります。

再診の方 → 受診時または電話にて予約可能です。(前日までとなります。)

[ ご注意 ]
予約時間は、検査が開始となる時間の目安です。眼の症状や状態によって必要な検査は異なるため、診察や診療の終了を確証するものではございません。検査内容により順番が前後することがあります。散瞳検査(目薬で瞳孔を広げる検査)は30分以上の待機時間が必要となります。

*日曜日・祝日は休診です。

*受診される際にお持ちいただくもの
  • 健康保険証
  • 診察券(再診の方)
<以下は、お持ちでしたらご持参ください>
  • その他医療証(高齢者保険証、高齢受給者証、公費負担医療証など)
  • 限度額適用認定症
  • 紹介状
  • 現在ご使用のメガネ 
  • お薬手帳、糖尿病手帳 など

健康保険証や各種医療証は月1回必ず受付に提出してください。
また、記載内容に変更がございましたら、受付にお申し出ください。


診療内容

当院の3つの特徴

①お子さまからご年配の方まで幅広い疾患に対して受診していただけます。

  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 近視・遠視・乱視・老眼
  • 眼精疲労
  • VDT症候群
  • 結膜下出血
  • コンタクトレンズ
  • 結膜炎・角膜炎
  • ものもらい
  • 眼瞼下垂
  • 眼瞼内反症
  • なみだ目
  • アレルギー性結膜炎
  • 飛蚊症
  • 網膜裂孔・剥離
  • 網膜静脈閉塞症
  • ぶどう膜炎
  • 加齢黄斑変性
  • 色覚異常
  • 小児の斜視・弱視
  • 学校検診・会社検診などの再検査

②白内障・網膜硝子体疾患が専門で、各種最新の器械を導入し、的確な診断と質の高い医療を提供します。

日帰り白内障手術

目の手術となると不安を抱かれる方が多いことと思います。当院では、不安をお持ちの患者さまにも安心して治療を受けていただけるよう丁寧なご説明やお声がけを心がけ、手術中は痛みのないように、また術後の仕上がりにも配慮した丁寧な手術に尽力します。

硝子体内注射

加齢黄斑変性や黄斑浮腫(主には糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症が原因で生じる黄斑部のむくみ)に対する、抗VEGF薬を用いた治療に対応しています。

網膜光凝固術

網膜疾患(主には糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔・剥離など)に対して行うレーザー治療です。当院では従来の器械よりも痛みの少ないパターンスキャンレーザーを導入し、また治療前の検査においてもOCTアンギオグラフィ-(造影剤を用いることなく網膜の血流を評価できる器械)を用いることで、患者さまの体への負担の軽減が期待できます。


③電子カルテシステムを導入しています

検査結果データや画像などを経時的に表示したり、解析した結果を表示することが可能で、具体的にご覧いただきながら、わかりやすく丁寧な説明に努めます。

「患者さまと一緒に病気に向きあい治していく」という姿勢で安心して治療を受けていただけるように診療に取り組みます。


病診連携について

総合病院との連携を取り、最善な診断・治療が受けられるような体制を整えております。

・札幌医科大学附属病院 眼科(当院は地域連携強化医院に指定されております。)
・NTT東日本札幌病院


当院におけるコンタクトレンズ販売について

  • 当院ではコンタクトレンズの処方箋のみの発行はしておりません。
  • 院内には在庫を置いておりませんので、受診当日に注文し後日お受け取りにご来院いただくか、ご自宅への郵送となります。
  • コンタクトレンズに関わる費用のみ、各種クレジットカードがご利用いただけます。 (VISA、MasterCard、NicoS、MUFG CARD、UFJ Card、JCB、American Express、Diners Club)
  • お取り扱いソフトコンタクトレンズ
    ・1day、2week
    ・トーリックレンズ(乱視用)
    ・遠近両用レンズ
    ・サークルレンズ(カラーコンタクトレンズ)
    [ メーカー ]
    Johnson&Johnson, CooperVision, Alcon, BAUSCH+LOMB, SEED, ROHTO
  • 取り置きのないメーカーや規格(ハードコンタクトレンズを含む)は、お取り寄せにて後日での対応は可能です。


日帰り白内障手術について

手術までの流れ

①診察
視力検査・眼圧検査・細隙灯顕微鏡検査・眼底検査・(+OCT(眼底三次元画像解析)検査)などで白内障の状態と他に眼の病気がないかを詳細に検査・診察します。
手術日の予約、術前検査の予約をします。
②術前検査
手術の2週間~数日前まで
1. 白内障手術をおこなう上で重要な追加検査
眼軸長検査 ; 眼球の長さや角膜の屈折力を測定し眼内レンズの度数を決めるための検査です。
角膜内皮細胞検査 ; 角膜(黒目)の内皮細胞数を測定します。
2. 一般的な体調の確認 採血、血圧測定を行います。
3. 手術に関するご説明、眼の診察
③手術当日
【来院】
手術開始時間の約1~1.5時間前にご来院頂きます。
当日はゆったりした服装、丸襟かボタン式のお洋服でご来院ください。
【準備】
体調を確認後、手術のために散瞳剤(瞳孔を広げる目薬)を開始します。
準備ができましたら手術室へ入室します。
【手術開始】
手術用ベッドに寝ていただき、血圧・心電図等のモニターを装着します。 点眼薬にて麻酔をおこないます。
麻酔が効き痛みを感じなくなりましたら 眼と眼のまわりを消毒し手術を開始します。
手術はおよそ10~20分で終了します。
【手術終了】
手術室退室後は回復室でご休憩いただき、手術後の注意点やお薬の説明があります。
会計終了後に眼帯をつけたまま、ご帰宅いただきます。
④手術後1日目・⑤手術後2日目
術後1日目のみ眼帯をつけたままご来院いただきます。
手術後の傷の具合や、痛みの有無、見え方、眼の中の状態 確認のため、必ず受診していただきます。
手術後は目薬を3種類ご使用いただきます。
⑥術後7日目以降
術後7日目以降も、眼の中の状態を確認するため 定期検査が必要です。
手術後約3カ月ほど目薬の調整が必要となります。
以降は医師の指示に従って受診してください。