院内紹介

眼科用電子カルテ
MediusCL

診療をスムーズにおこなうために電子カルテシステムを導入しました。全ての検査データが一括管理でき、患者さまと検査結果などを画面にて共有することが可能です。

検査機器

●マルチファンクションレクラクトメーター(MR-6000)

屈折・角膜曲率半径・眼圧・角膜厚・トボグラフィーの測定機能が1台に搭載されており、スムーズな検査が可能です。高速レフ機能が搭載されているため、固視の安定しない患者さまに対しても、およそのレフ値を簡単に測定することができます。眼圧測定時の噴出エアーを最小限に抑える機能が搭載されているため優しいエアーとなり、患者さまの負担を減らします。


●ハンディーレフ
HandyRef

小児や車椅子の患者さまの屈折・角膜曲率半径を測定することができます。


●手持ち眼圧計 アイケアic200

接触型の手持ち眼圧計で、極小のプローブが優しく角膜に接触することで、わずか数秒で眼圧を測ることができます。痛みはなく、麻酔薬は不要です。小児や車椅子の患者さまの測定も可能です。


●視力表

当院では、5m視力表と1m視力表(検査距離5mと同等の検眼を実現した省スペース視力表)を採用しています。


●光干渉断層計 Toriton プラス

緑内障や網膜疾患の診断に重要な機器で、SS(スウェプトソース)方式を採用した最新型OCT(網膜画像診断)装置です。糖尿病性網膜症・網膜静脈分枝閉塞症・加齢黄斑変性などの網膜疾患、緑内障などの検査で使用します。OCT、FA(フルオレセイン蛍光眼底造影)、眼底自発蛍光、眼底写真の機能のほか、最新のOCTアンギオグラフィー機能が搭載されているため、造影剤を使わなくても網膜血管像が描出でき、従来の造影検査の副作用の心配がなく患者さまに負担の少ない検査が可能です。


●超音波画像診断装置 UD-8000

進行した白内障や眼底出血などで眼底の詳細が観察できない時に有用な超音波を利用した検査機器です。


●光学式眼軸長測定装置 OA-2000

最新式の白内障の眼内レンズの度数測定(ピントの位置決定)を行う装置です。眼に触れずに眼軸長(眼の長さ)を測ることができるため、麻酔薬は不要です。同時に角膜形状も測定でき、円錐角膜や角膜変性症の診断にも有用です。


●スペキュラーマイクロスコープ CellChek X8

角膜を透明に保つ機能をもつ角膜内皮細胞の数を測定します。加齢やコンタクトレンズ装用、内眼手術により減少し、再生することが不可能な細胞です。白内障手術を受ける前やコンタクトレンズ処方や検診の際に検査します。


●視野計
ハンフリー静的視野計(HFA-840) /ゴールドマン動的視野計

視野(目を動かさずに見える範囲)を測定する装置です。ハンフリー静的視野計は、中心付近の視野を細かく検査し、緑内障の早期発見に加えて経過観察を行うことが可能です。自動視野計データファイリングシステムも備えていますので、視野狭窄の進行スピードも容易に評価することができます。また、ゴールドマン動的視野計は、ハンフリー静的視野計よりも広範囲の視野まで測定でき、疾患や症状に合わせた検査が可能です。

治療機器

●眼科用レーザー光凝固装置 INTEGREプロScan-YT

短時間で多数のレーザースポット照射が行える最新式のレーザー装置です。従来のレーザー機器に比べて患者さんの疼痛を軽減し、短時間に多数のスポット照射が行えるため治療時間の短縮が図れます。


●YAGレーザーSLT TANGOPRO-TW

2種類のレーザーを供給し、白内障手術後に起こる可能性のある後発白内障の治療(後発白内障手術:YAG)、閉塞隅角緑内障の治療(レーザー虹彩切開術:LI)や最新の緑内障レーザー治療(選択的レーザー線維柱帯形成術:SLT)に用いるレーザー装置です。


●白内障手術装置 SIGNATURE PRO

手術中の眼圧を一定に保つ機能に優れており、スムーズかつ効率的な超音波水晶体乳化吸引システムにより、眼にやさしい・安全な手術を行うことを可能とします。


●手術顕微鏡 OPMI Lumera i

光学機器で世界的にも定評のあるカールツァイス社製の「Lumera(ルメラ)」を導入しております。眼内の微細な構造を立体的に把握することが可能で、顕微鏡下で手術を行う上では最も重要な事で、より正確で安全な手術を行うことを可能とします。